きくやの設備

もちつき機

もちつき機は機械も大きくなるため、お米屋さんでも他店などへ発注したりしているところもまだまだ多いです。当店で餅米を当店のものを友人の店舗に持ち込ませてもらい、ついておりましたが、発注数も多く、また「よりおいしいもち」にこだわるため2005年に餅つき機を導入しました!

 

究極の落下式 自動餅つき機!

餅つき機には大きくわけて「回転式」と「落下方式」の2つの方式があります。
当店ではおいしさにこだわり、「落下式」を導入しております。

−回転式−

機械の臼の中に羽があり、いろいろな回転動作によって「つく」「伸ばす」「返す」を擬似的に行いつき上げる方式です。効率よく大量のもちをつきあげることに向きます。また、騒音も少なく小型化が可能なため、家庭用もちつき機は回転式で作られています。

−落下式−

機械の臼の中に杵を落下させることによりつきます。人間が「臼と杵」を使ってつきあげる動作を模倣したものです。回転式に比べ機器も大型化し、生産効率も落ちますが、コシや風味では落下式が有利

ここに写真を掲載予定